スポンサーサイト

  • 2013.01.13 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    桜蘭高校ホスト部(クラブ) (1)

    • 2008.06.12 Thursday
    • 00:34
    感想を短くまとめると、
    「面白くできている。
     しかしこれを心底楽しむには歳をとりすぎている」
    ということになります。
    ひとことでいうと、
    「ふーん、…で?」
    ということになります(ひとことじゃない…?)。
    これは冷めた感じあるいはバカにした感じの「で?」ではなく、くりかえしになりますが、
    「面白くできている。
     しかしこれを心底楽しむには歳をとりすぎている」
    ということであります(説明になっていない?)。
    別に漫画にメッセージ性やらテーマやらを求めているわけではないし、
    主人公のとぼけぶりもまあいい味だしている、という範囲に留まっているし、
    話のテンポもいいし(無駄話もありますが)、絵も可愛いし、
    作者の「読者に楽しんでもらおう」という意気込みも感じられて、
    好感度は高いのです。
    ただ、やっぱり、もうしつこくてもうしわけないのですが、
    「面白くできている。
     しかしこれを心底楽しむには歳をとりすぎている」
    というところにたどりついてしまうのでした。
    まあ、興味のある方には一見の価値がある一冊であります。

    スポンサーサイト

    • 2013.01.13 Sunday
    • 00:34
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
      蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
      緑川 ゆき
      2005.10.05紹介の作家の本。
      こちらはオムニバス。
      表題作は確かにほろりとします。

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM