スポンサーサイト

  • 2013.01.13 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    XXXHOLiC(13)

    • 2008.06.24 Tuesday
    • 19:46
    アニメの放映は今週までだそうですね…
    13巻は、丸々一冊、単行本よりアニメが「先行」することになった
    小羽ちゃんのエピソードでした。
    この巻を読んでも、やっぱり時代を読んだ展開になっているなあ、
    と思いました(90年代のCLAMPとは描き方が全然違いますものね)。
    前にも書いたことではあるのですが、改めてそう思いました。
    アニメは最終回を迎えますが、漫画はまだ二山くらいありそうですね。
    「ええっ!」という終わり方にならないといいなあ…と、
    勝手な心配をしつつ今後の展開を見守ろうと思います。

    スポンサーサイト

    • 2013.01.13 Sunday
    • 19:46
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
      蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
      緑川 ゆき
      2005.10.05紹介の作家の本。
      こちらはオムニバス。
      表題作は確かにほろりとします。

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM